用語一覧

  • X線CT

    CTとは、コンピュータ断層撮影(Computed Tomography)のこと。体外からX線を照射し、それぞれの方向からのX線透過度をコンピュータ処理し、体内画像を得ます。がん病巣と正常組織ではCT画像中の濃度(CT値)が異なることが多く、がんの診断や、放射線治療の計画などに用いられます。

  • 回転原体照射法

    治療装置を回転させながら、がん病巣に集中的に放射線を照射する放射線照射方法。装置回転に合わせて、がん病巣の大きさと形状に一致した照射野形状を動的に形成します。

  • 照射野

    がん治療などで放射線を照射する範囲。

  • 体表面誘導放射線治療

    高解像度カメラで体表面の動きを監視しながら、ターゲットをより正確に捕捉して照射する治療法。放射線による正常組織への不要な被ばくをできるだけ抑え、精度の高い治療を実施できます。SGRT(Surface Guided Radiation Therapy)とも言います。

  • 放射線治療

    正常細胞よりがん細胞のほうが放射線によるDNA損傷を受けやすく、細胞の修復に時間がかかるという放射線の特性を活用した治療で、手術療法、化学療法とともにがん治療の重要な治療法として、広く用いられています。
    放射線による正常組織への不要な被ばくをできるだけ抑えるため、きめ細かく照射の強弱や間隔を調整しながら治療を行います。

  • 放射線治療計画装置

    放射線による最適な治療方法を決定するための装置。X線CT等の画像診断装置で、取得した画像を使い最適な治療範囲を決定し、照射されている放射線の線量分布計算によって病巣に対してどのような方向から照射すれば適切な線量を与えることが出来るかを調べます。

  • リニアック

    放射線治療で代表的に使用される治療用照射装置の総称。精密な動作制御で、X線(や電子線)を様々な角度から照射します。がん病巣に集中しながらも、正常組織を回避しながら照射することで、放射線による正常組織への不要な被ばくによる副作用の軽減を図ります。線形加速器、ライナック、リニアアクセラレーターとも呼ばれています。

  • 画像誘導放射線治療

    照射直前や照射中に患者さんの体位を確認し、基準となる画像と照合して、位置のずれを補正しながら照射する放射線治療。IGRT(Image-Guided Radiation Therapy)とも言います。

  • 高精度放射線治療

    がん病巣の形状に合わせて放射線に強弱をつける強度変調放射線治療(IMRT)や、三次元的に多方向から放射線を照射する定位放射線治療(SRT)といった、正常組織への不要な被ばくをできるだけ抑え、がんに集中して放射線を照射する放射線治療。さらに、画像誘導放射線治療(IGRT)では、治療直前の患者さんの腫瘍位置を正確に捉えることでより精度の高い照射が可能となります。